■ 内掛簾(座敷簾)                                           
 



価格
◎標準品 【真竹細ヒゴ・緞子縁・房鈎付】
巾955mm × 下1,730mm = 40,000円(税抜)〜
巾955mm × 下   300mm = 20,000円(税抜)〜
*別寸も承ります。


座敷簾カタログ(PDF)にて
詳細がございますのでご覧下さい。
その他ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

座敷簾は京都において明治中期
に考案されました。御翠簾の竹
と異なり、竹ひごはひご板で抜
かれ、丸く滑らかです。座敷簾
は家の中で用いられ、夏季にお
いて襖や障子の役目を果たしま
す。現在では風通しをよくする
という本来の使用目的よりも、
清涼感を補うインテリアとして
用いられています。


                       戻る