■材料について                  
ここでは簾の主な材料である葭と竹について紹介します。

 

葭は主に滋賀県近江八幡のものを使用して
います。近江八幡の葭は色合いや節間隔が
美しく、時が経つにつれて味わいがでてき
ます。

 

弊社の御翠簾や座敷簾には国産の真竹が
使われています。真竹は「苦竹」とも書き、
節と節の間が長く、幹がまっすぐなので
ひごをつくるのにも適しています。弾力性
に富み、繊維が緻密な真竹は年代が経つに
つれ、風合いがでてきます。